MENU

任意整理は、任意だから自力でもできるのか

任意整理は、借金問題を解決する方法のひとつです。破産手続や民事再生、特定調停といった債務整理手段が、裁判所へ申し立てをしたうえで行われる手続きであるのに対し、任意整理は、公権力を使わずに、当事者同士が直接話し合う手続きです。借金が返せないので、返済期間を延長したいとか、全額は無理なので減額してほしい。といった要望を、直接貸主(金融業者)に伝え、交渉します。そして、互いが了承したところでそれを書面にします。改めて契約を交わすわけです。しかし、相手はお金を貸して、利息収入を得ることを生業とするプロです。事前の準備は十分に行う必要がありますし、「はい、そうですか。」と、任意整理の席についてもらえるほど甘くはありません。相手も生活がかかっている訳ですから、そうそう不利な条件をのんでくれるはずもありません。ましてや、任意整理には、交渉にはいるための法的な拘束力がないので、相手に申し出を伝えることすら困難かもしれません。また、時には、返済方法の相談をしたいと申し出ただけで、全額一括返済しろという強硬な業者がいたり、返済が遅れた途端に支払いを求める訴訟を提起されるなんてことも・・・。長期間取引をしていた場合、返済した利息の割合によっては、逆に、こちらから返金を求めることが可能な場合もあります。こういったことすべてを想定しながら準備をし、経験豊富な金融会社の担当者を相手に、自分に有利な(という事は相手に不利になる)条件を承諾させることは、ほぼ不可能です。
そこで、頼りになるのが弁護士への相談です。法律の専門家です。経験もあります。過去の事例も、裁判の判例も知っています。たとえ相手が裁判所に訴えても、弁護士なら代理人として対応してもらえます。当然、相談する借金の額に限度はありません。(司法書士は、140万円の限度があります。)
京都市内で任意整理を考えているのであれば、兎にも角にも京都市にもある弁護士事務所へ相談すべきです。ほとんどの場合、弁護士への相談料は無料で行えます。どういう手続きをすればいいのか、答えを導いてくれるはずです。